なぜ便秘が坐骨神経痛の原因になるのか?

御殿場市の坐骨神経痛の患者さんに大人気の整体院、ひらいトータルボディケアです。坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことをいいます。多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れてきます。そのまま放置し続けると最悪の場合、手術が必要になったり歩けなくなったりということもあります。この坐骨神経痛になる代表的な原因をあげてみます。

 

どんな姿勢が坐骨神経痛の原因になるのか?

原因として最も多いのが、姿勢です。

その多くは、背中が丸まっていると起こりやすくなるヘルニアです。椎間板のはみだしや飛びだしが、腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。

同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間つづけたり、急に重たいものを持ち上げたときに、発症する危険性があります。

次に脊柱管狭窄症の場合があります。

腰のあたりで発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変形し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

 

なぜ便秘が坐骨神経痛の原因になるのか?

そもそも、腸というのは腰の骨(腰椎)にくっついています。

便秘で腸が重くなっていると、腰にかかる負担は必然と大きくなる。そうすると、椎間板に荷重がかかりやすくなりヘルニアになる可能性が高くなります。

脊柱管狭窄症でも同じですが、腰の骨に荷重がかかり、腰の骨が反る状態が長続きすると、脊柱の穴が狭くなり神経を圧迫して、脚に痺れなどがでる脊柱管狭窄症になる可能性が高まります。

 

もう1点、腸内環境が悪化すると、悪玉菌が出す毒素が多くなります。そうすると血液がドロドロになり、これにより血流が悪く筋肉が硬くなります。

 

そうすると、通常は痛みならないのに、筋肉が固くなることで、ちょっとしたことで脚に痛みとかがでるざこつ神経痛につながるのです。

このように、坐骨神経痛と便秘にも深いつながりがあると言えます。

 

水を飲まないとざこつ神経痛になりやすい

人間は普通に生活をしていても、一日に2.5リットルの水が体からでると言われています。

そのため、それと同じくらい水をとらないと脱水症状の状態になり、さまざまな症状があらわれる可能性があります。

その一つとして、血液の濃度が上がり、ドロドロな状態になって血流が悪化することがあります。すると筋肉が硬くなります。

これにより、神経を圧迫したり、先に述べたような便秘を引き起こしたります。

 

ちなみに、コーヒーやお茶などは水分としてカウントされません。

なぜなら、飲んだ分利尿作用により、体から水分が出てしまうからなのです。

人間の体は60%は水でできているので、しっかりと水を飲んでいきましょう。

 

このように様々な要因が坐骨神経痛の原因になっていることが多いです。

そのうち3つをお伝えさせてもらいました。

 

坐骨神経痛でお悩みでしたら、一度当院にご相談してください。

ひらいトータルボディケアのご案内

院名 ひらいトータルボディケア
院長 平井重人
診療項目 肩こり、腰痛、坐骨神経痛、不妊症など
所在地 〒412-0042 静岡県御殿場市萩原1549−32
電話番号 080-9723-4141
最寄り駅 御殿場駅
連絡方法 お問い合わせ
駐車場 2台完備
営業時間 9:00~20:00
休診日 不定休
URL https://gotemba-hiraibodycare.xyz

Googleマップ

御殿場-整体

御殿場-整体 御殿場-整体

※ご予約多数のためご新規様の受付は1日2名様までとさせて頂きます。初回特別割引をご希望の方は今すぐお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA